招待状の種類

日時、会場、会費が決まったら招待状を作成しよう。
どんな方法で案内をするか、いくつか方法がある。

①往復はがき
②メール
③Web

順番に見ていこう。

①往復はがき
昔から行われてきたもっともポピュラーな方法だね。
PCではがきのデザインを作れる人は自作してみよう。
はがきは丁寧な印象を与えられる反面、いくつかデメリットもある。
・出席予定者全員の住所を知る必要がある
・出席確認をとるまでに比較的時間がかかる
・はがき代、切手代がかかる

新郎新婦のこだわりがあれば、心のこもったはがきを作成すればいい。
ただし、そうでなければあまりオススメはできない。

②メール
最近はメールでの案内も定番化してきた。
すぐに届くので出席確認もラクだし、費用もかからない。
文面のフォーマットを掲載するので、コピーして使おう。

――――――――

【○○(幹事名)】と申します。
【○○(新郎)】さんと【○○(新婦)】さんの結婚パーティにつきまして
下記の通りご案内させていただきます。
当日は盛大に祝ってあげましょう!
—-
初夏の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。[季節により]
このたび、【○○(新郎)】さんと【○○(新婦)】さんのおふたりが、
めでたく結婚の運びとなりました。
つきましては、おふたりのご結婚をお祝いする会を設けたいと思いますので
ご出席くださいますよう、お願い申しあげます

なお、出欠のご連絡はX/XXまでにお願い致します。

****************************************
日時:HXX/X/X(XXX)
OPENXX:XX / STARTXX:XX
会費:XXXX円(お1人様)
場所:XXXXXXX (XX駅徒歩X分)
****************************************

(【○○(幹事名)】宛:【○○(幹事メールアドレス)】)

――――――――

③Web
昔は個別に制作するのはハードルが高かったが、
最近は便利なサービスがいくつも出てきている。
おすすめはgoogleフォームだ。googleのアカウントさえあれば
完全無料で5分もあれば作成ができる。

invitation

さて、キミはどれを選んだかな?
どんな媒体を使うかにかかわらず、記載すべき内容は
下記のとおりだ。
・日時
→開場時間と開宴時間を両方記載しよう。
・場所
・会費

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

質問があればどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です